債務整理無料相談ランキング.com※借金・任意整理に強い人気の弁護士

債務整理のリアル失敗談※必見!

債務整理が失敗してしまうパターンとして、返済が必要な整理を行ったのに返済出来なかったというのが挙げられます。たとえば、任意整理や特定調停を行った場合、和解条件に従って返済しなければいけませんが、途中で返済出来なくなってしまった場合、契約が守られなかったということで債権者の方が契約を破棄することになる可能性があります。
ただ、返済日に入金することは出来なかったものの、その後、返済をしたという場合は直ちに債権者によって契約が破棄されることはありません。なので、返済に遅れてしまったからといって、もう債務整理は失敗してしまったとは考えずに、お金が入ったらすぐに返済するといいでしょう。
ただ、長期間返済しなかったりすると、代理人の弁護士が辞任してしまい、債権者と直接交渉を行わないといけなくなってしまいます。弁護士が辞めてしまったら、督促も再開されてしまうので債務整理をした意味がほとんどなくなってしまいます。こうなってしまうと、失敗したということになってしまいます。
もし、弁護士が辞任してしまった場合ですが、債権者と直接話し合って、今までの条件で返済を続けられることもあるので、返済することをあきらめないようにしましょう。返済がされれば債権者からの督促も基本的にはストップします。
もし、収入の見込みがなくなってしまった場合は自己破産をするのも一つの方法です。任意整理をした後に自己破産をしてはいけないという決まりはないので可能です。

 

債務整理とは何か

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
費用+支払いの方法がはっきりしている
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!



>>その他の弁護士はこちら

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法