債務整理無料相談ランキング.com※借金・任意整理に強い人気の弁護士

債務整理後には信用情報に載る?その期間は?

 

債務整理を行ったことは信用情報(ブラックリスト)に記載されてしまいます。
記載されなければ、再び借金をすることが可能になるからです。

 

借金を減らす措置を行った代わりに、次に借金をしないための制限が加えられます。
その1つが信用情報への記載なのです。

 

信用情報に記載が無ければまた借金を作ることが可能になってしまい、
再び債務整理をされてお金が返ってこなくなってしまいます。

 

信用情報に記載されてしまうと、一切の借金が行えなくなります。
この信用情報は金融機関が一括で見ることのできる情報だからです。

 

消費者金融でも銀行でもお金を借りることが出来ません。
債務整理を行ったことは、信用を失うことと同異議なのです。

 

金融機関は債務整理を行ったことを相当先まで残していますので、
1度行ったら長期にわたってお金を借りるという行為が出来なくなります。
クレジットカードを利用したショッピングさえも出来なくなるので気を付けてください。

 

金融機関にとってお金が返ってこないのは致命的なことなのです。
赤字要因を増やさないためにもこうした情報は残しています。

 

信用情報に信用されないための情報が加われば、
金融機関の対応は一層厳しくなっていきます。

 

それを覚悟で行うのが債務整理なのです。
お金を借りられないリスクを背負いつつ、自分の生活のためにしなければなりません。

 

ただ、信用情報に登録されて借金ができなくなるということは、
借金をしないで済むようになるという考え方もできますね。

 

債務整理をして信用情報に載ったことを機に、
借金をしないようなお金の使い方を考えることができます。
ある意味、お金の使い方の修行になると言えます。

 

債務整理に関する無料相談はこちらがおすすめです。

樋口総合法律事務所
⇒樋口総合法律事務所に無料相談してみる

 

債務整理後の真実 ※その後の人生はどうなる?

 

 

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
費用+支払いの方法がはっきりしている
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!



>>その他の弁護士はこちら

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法