債務整理無料相談ランキング.com※借金・任意整理に強い人気の弁護士

債務整理後の借り入れはいつから可能?

 

債務整理後にすぐに借り入れをするのは難しく、
債務整理をしてからだいたい5~10年後ぐらいから借り入れ可能になるケースが多いです。

 

 

債務整理後はブラックリストに登録されるので借り入れが難しくなる

債務整理をすると、信用情報機関にその旨が登録されます。登録されている期間がだいたい5~10年です。これがブラックリストと呼ばれているもので、ここに登録されている間は新規借り入れ、ローンを組むこと、クレジットカードを使ったり作成したりすることが非常に難しくなるのです。ブラックリストへの登録が消えた5~10年後から借り入れ可能になるケースが多いのはこのためです。

 

債務整理後は一時的に借り入れが出来なくなる期間が

 

 

債務整理後5~10年経たないと借り入れも出来ない、ローンも組めない、クレジットカードも使えないとなると、高額の支払いをしたいときに困るというのがデメリットとして挙げられます。
債務整理をする人というのはこれまで借り入れをよくしていた人が多いので、これが全く出来なくなると不便に感じてしまうかもしれません。
高額の買い物をするのは大変難しくなるかと思います。

 

債務整理後に借り入れが出来ない期間はどれくらい?

 

債務整理の方法ごと、借りていた業者の登録機関ごとに異なります。

 

債務整理後の借り入れは可能?いつからできる?

 

債務整理後に借り入れができないかも…と悩むよりも借金減額の可能性をチェック!

 

 

「やっぱり借り入れが出来なくなるのは困る…」

 

そんな方は、債務整理をする前に今背負っている借金を減額出来るかどうかチェックしてみてください。借金を減額出来れば債務整理をせずに自力で借金返済が出来るようになる可能性も出てきます。

 

 

債務整理後の真実 ※その後の人生はどうなる?

 

債務整理後リスクで第一に挙げられるのは、ブラックリスト=信用情報機関への掲載です。信用情報機関に整理者として登録される事により、
金融機関で新規での借り入れやローンを組むことが7年ほど出来なくなります。ですから借り入れをしないと生活が厳しいという方には少々厳しいものがあるでしょう。実は債務整理をする事で、解雇されたり転職を余儀なくされたりという事は余程の事がない限りありません。しかし金融機関や保険会社、税務署などが勤め先の場合は、信用情報機関に問い合わせたり、官報を参照にする業務もあるので、稀に債務整理をした事が明るみになってしまうケースもあります。勿論、クレジットカードを作るのも困難になり、例えば携帯電話を新規購入する場合は高額な値段を一括払いで支払わないといけない可能性が高いです。そして債務整理できる対象には、国民に納税が義務付けられている各種税金や年金は除外なので、どんなに苦しい生活状況でも一生かけて支払い続けなければなりません。特に債務整理に自己破産を選んだ場合は、住宅や20万円以上の資産や預貯金を手放さなければならないですし、自分だけでなく保証人に迷惑をかける事にもなり、多大な周囲の信用を失いかねません。このように自己破産は最後の手段として、リスクを最小限に留める為にも、他の債務整理方法で借金を圧縮して返済できないかを考慮してみましょう。

弁護士事務所を選ぶ際のポイント

豊富な知識・経験・実績
費用+支払いの方法がはっきりしている
無料相談が出来る

おすすめの弁護士事務所

以上の条件に満たしていて、評判の事務所がこちら!



>>その他の弁護士はこちら

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法