債務整理無料相談ランキング.com※借金・任意整理に強い人気の弁護士

債務整理後の人生はどうなる?

 

債務整理をすることのメリットとして、
今まで抱えてきた返済しきれない程の借金がリセットされたり、
過払い金の見直し・返済によって減額されます。

 

債務整理とは何か

 

これによって金銭的な負担や精神的なストレスが減る、
というメリットを受けることがあります。

 

しかし、そのメリットがあれば当然でデメリットがあり、
もしも何らかの債務整理を実行する事になれば
たちまち信用情報に自分の名前が載る事にもなります。

 

信用情報に載るということは
その後の日常生活において大きなリスクになります。

 

まず、クレジットカードを発行する事ができない他、
ローンやリースを組む事もできません。

 

いったんクレジットカードやローン、リースなど審査が必要な金融サービスに関しては、
申し込みを受け付けると各機関によって審査を行うのですが、
その審査をする際には必ず信用情報をチェックします。

 

もしも一流の企業に勤める会社員であったとしても、
信用情報に名前が載っているだけで小額の借金もクレジットカードの発行も
一切受け付けてくれなくなります。

 

債務整理のデメリットって?※悪いことだらけ?メリットはないの?

 

しかし、それは永久的なものではありません。
債務整理の期間が満了となった場合には信用情報から名前が消されますので、
その後はクレジットカードの発行もできますし、ローンやリースを組む事も可能となります。

 

このように、債務整理後の人生はしばらくは不便な部分があるかもしれません。

 

しかしそれは永久的なことではなく、
平均して5~10年ほどで信用情報からも名前が消え、
以前と同じような生活を送れるようにもなるのです。

 

これらを踏まえたうえで債務整理を行うかどうか相談したいのでしたら、
こちらの法律事務所の無料相談がおすすめです。

 

樋口総合法律事務所
⇒樋口総合法律事務所に無料相談してみる

 

債務整理を得意としている法律事務所ですので安心して相談できます。

 

債務整理無料相談ランキングはこちら

債務整理後の真実 ※その後の人生はどうなる?記事一覧

債務整理後の借り入れは可能?いつからできる?

債務整理後の借り入れはいつから可能?債務整理後にすぐに借り入れをするのは難しく、債務整理をしてからだいたい5~10年後ぐらいから借り入れ可能になるケースが多いです。債務整理後はブラックリストに登録されるので借り入れが難しくなる債務整理をすると、信用情報機関にその旨が登録されます。登録されている期間が...

≫続きを読む

 

債務整理後はクレジットカードを作れる? ※一生作れないの?

債務整理後はクレジットカードを作れる?債務整理を行った後、クレジットカードに関しては制限が加えられます。そのため作ることは勿論、利用することもできなくなります。これは債務整理を行ったという情報がクレジットカードを作っている会社に伝わるからです。債務整理を行ったということは、返済される目途が立たないこ...

≫続きを読む

 

債務整理後は信用情報に載る? ※ブラックリスト登録期間は?

債務整理後には信用情報に載る?その期間は?債務整理を行ったことは信用情報(ブラックリスト)に記載されてしまいます。記載されなければ、再び借金をすることが可能になるからです。借金を減らす措置を行った代わりに、次に借金をしないための制限が加えられます。その1つが信用情報への記載なのです。信用情報に記載が...

≫続きを読む

 

債務整理後ローンは組める? ※住宅や自動車のローンも組めない?

債務整理後に住宅ローンや自動車ローンは組める?債務整理について誰もが気になるのが、今後住宅や自走車のローンを組めるのかということです。また、最近ありがちなスマホの一括ゼロ円サービスなどもクレジット販売の形態をとっているため、ローンが組めないとなるとこういった身近なサービスも受けられない可能性がありま...

≫続きを読む

 

債務整理したら奨学金はどうなる?

進学したくても経済的な事情があり、勉強をあきらめてしまう場合もありますが、そういった場合も奨学金制度を利用すれば進学を行うこともでき、金銭的な負担も少ないので、勉強に集中することができます。そして、この場合も支給された場合は卒業後も返還義務はありませんが、貸与の場合は卒業後定められた期間内に返済して...

≫続きを読む

 

債務整理したら公務員はクビ?

公務員でも借金をしますので状況によっては債務整理を必要とする場合がありますが、債務整理には任意整理や自己破産があります。特定の役職につく公務員の場合には任意整理以外の方法で債務整理を行うと資格制限に抵触してしまう恐れがありますので、官報に乗らない任意整理を選ぶのが良い方法だと言えます。公務員の借金に...

≫続きを読む